Home > 底地・借地権
 

底地・借地権

底地・借地権とは

「底地(そこち)」とは、土地の所有者が第三者に土地を貸し、地代収入を得ている土地のことです。
土地所有者Aが所有する土地には、Aの完全所有権(土地を所有する権利と利用する権利)が及びます。
しかし、その土地をBに貸し(借地権者B)、Bがその土地に家を建てると、Aは土地利用権を一定期間失った状態となり、土地所有者Aは、地代をもらう権利(地代徴収権)いわゆる「底地権」を持つことになります。
Bには、地代を払う義務を負う代わりに「土地を利用する権利」、「借地権」が与えられます。
つまり、底地とは、他人の建物のために貸している土地のことを言います。

底地・借地権とは

底地・借地権を売却する場合、借地権者や地主と交渉し、地主の承諾を得たり、ケースによっては裁判所の決定を受けるため、豊富な知識と経験を必要とします。
共信トラスティは、底地・借地権の売買に関する豊富な知識と多数の解決事例をもっています。
裁判所での借地非訟手続では、不動産鑑定士が鑑定委員となっていますが、当社の社長も不動産鑑定士であるため、裁判所での先例の情報にも通じています。
お気軽にご相談ください。相談は無料です。


不動産のスペシャリスト集団にお任せください!!お電話でのご相談。お問い合わせはこちら03-3261-6121
お問い合わせフォーム
任意売却

融資を受けた方と債権者との間に入り、売却のための交渉を行います。任意売却とは競売によらないで、不動産をなるべく高く売却する方法です。

相続・離婚と不動産

夫婦で取得した不動産を、離婚時に財産分与のため売却しなければならない場合も、最高価格での売却を実現する入札を提案させて頂きます。

底地・借地権

底地・借地権を売却する場合、借地権者や地主と交渉、ケースによっては裁判所の決定を受けるなど豊富な知識と経験を必要とします。

法律事務所の方へ

共信トラスティでは、破産管財人の任意売却に特化した仲介をさせて頂いており、迅速かつ公正な任意売却を行っています。




Copyright© ‘2017’ 共信トラスティは 不動産のスペシャリスト集団です。 All Rights Reserved.